NY娘タイラーのジュニアテニスブログ

関東公認スクスク育成クラスのこと娘のジュニアテニスを綴るママの日記

技術、戦略

やっぱりシコラー

昨日の ひたすら攻撃するのと ひたすら守備するのに徹する練習見てて…

シコラーバコラー練習

面白い練習をしてました。

上手になるのと強くなるのは違う

とにかく冬休みの試合結果は 散々たるものでした。

意地悪なテニス

ポイントの取り方って 色々ありますけど…

せっかちはテニスに活かせるのか

中学生になって 大分落ち着いて来た⁉️ 大人になった⁉️ 試合中イライラしなくなった⁉️

飛んで来ない球

対戦相手の球質、、 どんなのがやりやすいですか? スピン系、フラット系、 はたまた 公認ではお目にかからないけど… 当て返しの死んだボール系というか 力ないけどコントロールがよい 高齢者系というか(笑)、、 ↑まあ言いたいことわかってもらえるよね⁉️ こ…

大事なポイント

例えば相手のサーブで 15-40。 自分が2ブレイクポイント握ってる。 ブレイクするチャンス2回。 1ポイント目、思いっきり行っていいと思う。 だけど ミスしたらさあ… 2ポイント目、 相手ファースト入らなくて セカンドになってるのに 簡単にリターンミスして …

打球音の違い

サーブ、ストローク…… 打ったときの打球音て 人によって違いますよね。レベルが上がれば上がるほど 快音が鳴るというか… 特にサーブとか… 強い男子とか もの凄い音がしますよね⁉️ で この間のタイラーの試合。 対戦相手はおそらく1つか2つ下の学年で タイラ…

スピンとフラットの使い分け

題名通り スピンとフラットの使い分けを練習中のタイラー。 チャンスボールを高い打点でフラットでアタックは 得意なタイラー。 そうじゃなくって ベースラインでのラリー時の話。 やっぱり フラット主体の強い女子とオムニコートで 試合する場合、 自分も要…

オープンスタンス問題

コーチ曰く…… タイラーはさあ〜 なんでもかんでも オープンスタンスでライジングで取ろうとする‼️ という指摘。 オープンスタンスでライジングが 悪いとか 楽してるとかじゃないんだけどさあ 全部それはダメなんだよ。 前に入った時は 踏み込んで打とうよ! …

二大問題

1、なんでもかんでも すーぐ前に行こうとする。 2、なんでもかんでも すーぐライジングで取ろうとする。 今のタイラーの二大問題です。 どっちも悪いことじゃないけど とにかく、 今‼️ 今は、、それじゃない‼️ ってとこでやるから……。。 先日対戦相手の親御…

強い子から学ぶ

できることは確実に増えているタイラー。 とにかく色々武器は揃ってるのに どこでなにを使うかが……問題と思います。 出しどころがわかってないというか 出すこと自体も忘れるっていうか…… まあ余裕なくなるんでしょうね。。 強豪クラブの強いお子様との対戦…

一瞬の迷い

昨日の試合であった 「一瞬の迷い」。 一瞬迷うことありますよね⁉️ 迷った瞬間におしまいなんだけど…… いま…一瞬迷ったよねええ…… バックで打つか フォアで回り込むか… いま一瞬迷ったよね? 真っ直ぐ叩きに行くか ちょっとチカラ抜いてコース狙うか… 迷わな…

勝つために1番重要なショット

相手が強いかどうかって ウォーミングアップのサーブ4本で だいたいわかりません⁉️

ファーストタッチの重要性

ファーストタッチとは、、 サーブまたはリターンのことです。

3回連続準優勝

ここのところの草トー成績。。

フラットで練習試合2

徐々にフラットが入るようになってきたタイラー。

フラットで練習試合

練習でちょっとフラット打てるようになったタイラー。 そのまま男子相手にマッチ練習突入。

フラットにはフラットで対抗する

ドフラットの強い女子と対戦すると

3年悩んだフォア

最近ジュニアテニスブログを 始められた方々の記事を拝見して…

ライジング問題

ライジングで取れたら カッコいいですよね〜

守備より攻撃が難しい

自分から展開して 攻撃して 決め切る方が 守り続けるよりも 断然難易度が高いと思うんですが……

愛ある指導

色々なモチベがだだ下がり中の タイラー母娘ですが、、、

雨の試合で必要なこと

昨日は霧雨の中、 オッチャン達とダブルスマッチを 2時間プレー。

立体的なテニス

昨日の他クラブコーチとの練習の続き。

スピン何種類打てますか

練習の仕方って色々あるし その子にあったやり方が1番効果的ですよね。

ボディサーブが苦手

ボディサーブをリターンするのが 苦手なんです。

戦い方のバリエーション

一応いろいろなことができるタイラーです。

試合中に悩まない子供

先日シコラーに負けたあと 試合報告を詳細にコーチにして 練習後に作戦会議。

やりたいプレーと負けないプレー

ここのところの 対戦相手の落差というか プレースタイルの違いが激しすぎて 苦しんでる反面 すごく経験にもなってるハズです……。。 ↑そう信じたい